運動

EVではない。階段を登るんだ!

僕は、普段から

「階段だ!とにかく階段を探してでも登るんだ!」

「エレベーターに乗るんじゃない!階段を駆け上がるんだ!!」

といつも考えながら生活しております。

また、いつも朝1000mダッシュ、HIITを行なった後、仕上げにマンションの階段を10階まで駆け上がるというトレーニングを取り入れております。

階段を登ることで解決する問題リスト

  • ジムに行ってトレーニングする手間が省ける
  • 体力がつく(持久力が上がる)ため寿命がのびる
  • 頭の回転が速くなり、その後の仕事が捗る
  • 眠気が覚める(カフェインよりも強力)

階段を登る効果量(ジムで運動しなくてもOK)

普段からEVを使わずに階段を登る効果は、

  ⇨週に3回ジムに行くことと同等の効果が得られる

という論文がありました。

階段の持久力への影響

「SITというトレーニング方法を階段で行なったら、持久力が大幅に上がった」という研究があり、

数々の陸上部、駅伝チーム等で階段を登る運動が採用されています。

眠い人は階段を登ろう!!

ジョージア大学の実験(反復測定クロスオーバー実験)で、18人の大学生(18歳〜23歳)が、

  • 階段を10分登り降りするグループ
  • プラセボ(小麦粉)を飲むグループ
  • 50mgのカフェインを飲むグループ

に分けて、気分の状態、エネルギー感覚(活力)、モチベーション、作業記憶(NーBACK)等にどんな違いが出るか調べたところ、圧倒的に階段を10分登り降りするグループが、活力、モチベーション、作業記憶(ワーキングメモリ)の数字が良かった!という結果だったとのことです。

ゆっくり階段を登るだけで、50mgのカフェインよりも眠気が覚めるし、頭の回転も速くなり、エネルギッシュになる。

 それなら登らない理由がないですね。

🔻ジョージア大学の論文

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0031938416310666

階段への取り組み方

⭐️レベル1

まずは、3階までの移動でのエレベーター、エスカレーターを禁止にしてみる。

🌟レベル2

5階までのエレベーター、エスカレーターを禁止にしてみる

💫レベル3

全てのエレベーター、エスカレーターを禁止にしてみる

✨レベル4

全てのエレベーター、エスカレーターを禁止にし、更に毎回素早く駆け上がるということにしてみる

💫レベル5

全てのエレベーター、エスカレーターを禁止にし、更に毎回素早く駆け上がるということにし、階段を登る用事や理由が無くても階段を探し、素早く登って降りたりしてみる

💫レベル6

 基本的にはレベル5の行動を行い、更に用事もないのに階段を探して駆け上がって降りてくる。

💫レベル7

 レベル6の行動に加えて、用事もないのに階段を駆け上がるという計画を立て、習慣化する。

 例)休日の朝と夕方は必ずマンションの10階まで用事もないのにトレーニングのために駆け上がって降りてくる。

 現在、僕はレベル7でやっていまして、1年半以上ほとんど特別な事情(妻や子供と一緒の時など)がない限り階段を登っていますが、慣れれば誰でもできると思いますし、毎回気分がすごくいいです。

 ちなみに、僕の職場は建物の3階ですが、1階じゃなくて本当に良かったと思っています(笑)

 何れにしても、辛くないと感じるレベルでやるのがいいと思います。

登るのと降りるのどっちが負担?

降りる方が登るのより2〜3倍くらい負荷がかかっているらしいよ!

という研究結果がありました。

🔻カナダ、オタワ大学人間運動学部の研究

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0966636204001079

まとめ

階段はかなり素晴らしい運動器具だった!

是非、皆さんも登りましょう!!!そして降りましょう!!!

-運動
-, , ,

© 2021 パレオダイエット的な超健康通信(料理・アンチエイジング・投資) Powered by AFFINGER5