投資・資産構築

【やらないと大損】マイナポイントで、1人につき20,000円もらう方法・手順【まとめ】

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、マイナンバーカードを取得してスマートフォンで各種登録するだけで、

最大20,000円相当

のポイントがもらえる国の制度です。

また、「マイナポイント」というポイントがあるわけではなく、自分で選んだ「キャッシュレス決済サービス」(Pay Pay等)のポイントがもらえる仕組みになっています。

例えば、

  • au Pay
  • PayPay
  • nanacoポイント
  • dポイント
  • 楽天Pay

等、これ以外にもいろいろなポイントの中から自分の好きなポイントを選べます。

ここで、選ぶキャッシュレス決済の種類によって上乗せポイントがあるので、実際には、21,000ポイントがもらえたり、20,000ポイントを超えるポイントがもらえる場合もあります。

20,000ポイントを超えるポイントがもらえるのは次の3つです。

  • suica  21,000ポイント
  • majica(ドンキ) 21,000ポイント
  • 楽天Pay 20,300ポイント

僕は、この申し込み時に、この3つに気づかなかったこともありPayPayで申し込み、20,000ポイントをもらいました(笑)

そのため、このブログ読者の皆様については、この3つも把握した上で、選んでいただければと思います。

ただ、ポイントは自分のよく使うお店で決済できる手段を選ぶことも大切だと思うので、その点も考慮して選んでいただければ大丈夫だと思います。

マイナポイントをもらう手順・方法

やり方は簡単で、次のステップ1〜ステップ3で、20,000ポイントがもらえます。

⭐️ステップ1(準備)

  • 好きなキャッシュレス決済サービスを選ぶ
  • 選んだキャッシュレス決済サービスのアプリをダウンロード
  • マイナポータルアプリをダウンロード
  • 公金(給付金等)の受取口座(自分の銀行口座)の準備
  • 「通知カード」を使用して、マイナンバーカードを取得しておく

⭐️ステップ2(スマホから申し込む)

次の1〜8手順で、自分のスマートフォンからマイナポイントを申し込む

  1. マイナポイントアプリにログイン
  2. マイナンバーカードのパスワードを入力
  3. マイナンバーカードを読み取る(スマホをマイナンバーカードの上にのせるだけ)
  4. マイナポイントを申し込む(チェックボックス3つ全てにチェックを入れる)
  5. キャッシュレス決済サービスを選ぶ
  6. 申し込み情報の入力
  7. 規約を確認
  8. 申し込み完了を確認

1〜8は、基本的に画面を見て指示に従いながらタップするだけで進むので簡単です。

🔻スマートフォンでのやり方チャート(総務省)

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/mykey-get/

自分で選ぶ「キャッシュレス決済サービス」で「PayPay」を選びたい人は、上記1〜8を実施する前にPayPayのアプリを起動させてから、下の画像のようにPayPayのアプリ内に「マイナポイントアプリ」のアイコンが表示されるので、そのアイコンをタップするところから申し込みをスタートすればスムーズに申し込みできます。

一番申し込み件数が多いのはPayPayで、僕もPayPayで申請しました。

⭐️ステップ3(1日待つ)

申し込みから1日程度でポイントが反映されるので、申し込みから1日位でポイントが使えるようになります。

マイナポイントの内訳

今回の20,000ポイントの内訳は次の通りです

  1. マイナンバーカード新規取得 → 5,000ポイント
  2. 健康保険証とマイナンバーカードの連携 → 7,500ポイント
  3. 公金受取口座の指定 → 7,500ポイント

以上の1〜3の合計で20,000ポイントになります。

1の新規取得で5,000ポイントもらえる制度(「マイナポイント第一弾」)は、以前からあったので、既にGETしている方も多いと思いますが、今回の「マイナポイント第二弾」として2022年6月30日から始まったのが、上記2と3でそれぞれ7,500ポイントずつで、15,000ポイントです。

つまり、「マイナポイント第一弾」(5,000ポイント)と「マイナポイント第二弾」(15,000ポイント)の合計が20,000ポイントと言うことです。

マイナポイントの申し込み期限・注意点

マイナポイントをもらうためには、マイナンバーカードの取得が必要ですが、

マイナンバーカードの取得の期限が2022年9月末

となっていますので、まだマイナンバーカードを取得していない人は、早急に取得した方がいいと思います。

まとめ

今回の一人当たり20,000ポイントもらえるマイナポイントは、とても手続きが簡単だったし、家族全員やるべきだと思いました。

また、僕は4人家族なので80,000ポイント分を生活費として使用できるので、やらなければ8万円の損失だったと思いました。

そして、調べていく内に、マイナポイントを申請しない人が多いことも分かりました。

2022年6月末時点でマイナンバーカードの取得率は全国平均が約45%であり、約55%の人が「マイナンバーカード」を取得していない状況で、このマイナポイント申請可能な45%の人のうち、マイナポイントを申請している人は約50%です。

すなはち、約75%位の人はマイナポイントを申請していない状況です。

「ふるさと納税」「つみたてNISA」「iDeCo」「格安SIM」「ビットコイン」なども自分で調べなければできないですが、やっている人とやらない人では大きな格差が生まれていると思いますので、このブログを読んでいただいている皆様については、このような国の制度等も上手く活用して資産を増やしていただければ嬉しいです。

今後も、良い情報があったらすぐに報告しますので、これからもよろしくお願いいたします!

https://paleoway.net/【簡単】ビットコインの買い方🔰/

-投資・資産構築
-, , ,

© 2022 パレオダイエット的な超健康通信(料理・アンチエイジング・投資) Powered by AFFINGER5